ABOUT

内観

Urban Lifestyleでは様々なスタイルの内観を提案しています。おおよその方向性を決めていただき、そこから緻密な打ち合わせを重ね、オーナー様の理想な空間を創り上げていきます。長年住まわれる家だからこそ妥協せず、夢をかなえるお手伝いをいたします。

和風の特徴として柱や梁を見せることにあります。真壁と言われる構造は柱を見えるようにした仕上げで、塗り壁を合わせることで調湿効果を生み、シックハウス対策にも適しています。古来より慣れ親しんできた伝統的な「和」に現代的な要素を取り入れた「和モダンスタイル」は、日本人に馴染み深い畳や障子などを使用し、世代を問わず長年に渡って根強い人気があります。

BROOKLYNはNY州5区の一つで、倉庫や工場、古いアパートが立ち並ぶ地区です。家賃の安さから、移民や労働者、クリエーター、新進気鋭のアーティストなどが集まるようになり、おしゃれなカフェやアートショップも次々とオープンして注目を集めているエリアです。流行最先端の街でありながら、古いものを生かして楽しむというインテリアの考え方があるようです。

製造業が盛んだったBROOKRLYNではもともとあった工場や倉庫をカフェやオフィスにリノベーションして再利用しているのが特徴です。また工業的な素材、空間が逆にオシャレで、レンガやコンクリートを使用したテクスチャーが落ち着いた雰囲気を造り出します。

クラシックスタイルとは、古典的で気品あふれる装飾を取り入れたスタイルを指します。
クラシックなインテリアスタイルの特徴としては、近代的でシンプルスタイリッシュなモダンインテリアに比べ、重厚感のある装飾的なインテリアであることがあげられます。
カラーはこげ茶や黒、濃紺など深みのあるダークカラーが基調色となっており、あたたか味のある雰囲気が作りだせます。重厚的で装飾的でもあることから、気品あふれる雰囲気を作りだせるのがクラシックスタイルの特徴となっています。

ホテルライクとは“ホテルのような”という意味で、ホテルを思わせる住まいを表現する際に使われます。

ホテルの多くはカラフルな内装ではなく、滞在する方がくつろいで時間を過ごせるようシックな色合いの空間づくりを行っています。これは家具やファブリックだけでなく、壁紙なども同じ。また、ドアや内装材などもシンプルで品の良い素材を選んでいることが多いもの。特に無垢な木材や石のようなタイルなど質感を生かした材質のものを選ぶと高級感が増します。

さらに、ホテルの居室には「生活感を感じさせる余計なもの」が配置されていないことも、部屋を美しく見せる大切なポイント。とはいえ、日常の住まいの中でモノを持たないというのは難しいことですので、ホテルライクなお部屋を目指すのであれば、収納を大きくし、必要なもの以外はしっかりとしまえるよう工夫することが大切です。

 

カントリーとは自然素材を活かした素朴なインテリアスタイルを指す言葉です。

自然に囲まれた、のどかな田舎の家のような雰囲気です。
欧米風の伝統的な様式をベースに手作り感のある温かさがプラスされています。

パイン材のような節目のある素材が使われ、自然塗料で質感を活かした仕上げが施され、
使い古された雰囲気を演出するようにコーディネートすることもあります。

モダンスタイルとはシンプルで現代的な造りの事をいいます。どんな間取りの家にでも採用しやすく、オシャレな空間を演出できるこのスタイルはどの世代にもおススメです。モダンな仕上げにするには、余計な装飾を極力省き、モノトーンな配色にすることでオシャレなデザインになり、またシンプルでモダンなデザインは他とかぶりにくく、年月が経っても飽きがこないスタイルです。

空間・仕上げ

吹抜け

リビングを開放的な空間にするために吹抜けを取り入れています。天井が高くなることで圧迫感がなくなり、2階との空間がつながることで家全体が同じ室温を保ち、エアコンの使用も少なくランニングコストを抑えることができます。

天井・壁・床

内装の仕上げは見た目的にも機能的にも最も重要な部分です。弊社では湿気や空気を通すコットンクロスを使用します。他にも調湿効果の高い板や塗り壁などの自然素材を用いることで、家の空気をいつまでもキレイに保ち、また天井や壁、床にこのような自然素材をうまく取り入れる事でオシャレな空間を演出する事ができます。

子ども部屋

子ども達にとって特別な場所。子ども達の成長を見守るこの空間は、彼らが巣立つまで大切にしたい場所です。弊社ではご要望があればアスレチック用具の設置も行います。室内で体を動かすことはとても良いことで、想像力(imagination)や 創造力(creativity)を伸ばすことにも最適です。

オリジナル家具

弊社ではオリジナル家具の製作も行っています。 既製品のものを使うと家具の配置も限られてきますので、TVボードや食器棚など移動しない家具を造り付けにすることで間口にピッタリと合い、家具の色も自由に選べるのでオシャレで統一感のある部屋になります。

デッキ

戸建ての醍醐味といえばデッキが作れることです。ウッドデッキやタイルデッキなど用途に合わせたものが選べ、さらに屋根をつければ第2のリビングになります。 ここでバーベキューはもちろんの事、普段の食事やスクリーンを設置して映画や家族ビデオの鑑賞、テントを張っておうちキャンプなどもオススメです。

バルコニー

バルコニーは屋根のない開放的な外の空間で、イスやテーブルを置いてティータイムを楽しんだり、植物を置いて園芸を楽しむ、洗濯物を干すなどさまざまな用途に使えます。便利でおしゃれな空間にもなるバルコニーは、家族でゆったりとした時間を過ごすことのできる特別な場所です。ここに屋根がつくと「ベランダ」となります。